蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

2021-02-06から1日間の記事一覧

新書はフィクションとして読めば面白い

新書。 なんかちょっと長細い感じの本。 表紙がなんだかみんな同じかんじの、内容が難しそうな、フィクションではない、本。 こんなかんじの本。 主にノンフィクション、評論、論説を扱っている。 鈴木大拙の『禅と日本文化』は大学生の頃読んだ岩波新書だが…