蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

不本意な笑い

  路、駅からの道を歩いてたら、どこにでもいそうなおっさんがモコモコのセーターを着て、トイプードルを4匹散歩させていた。

 へぇ、おっさんもトイプードル4匹を飼うんだ。

 そう思った。

 トイプードルにはそれぞれ首にリボンが巻いてあったし、まだパピー(こいぬ)だったから当然可愛くて、おっさんとはどう見ても不釣り合いだった。

 いや、むしろ絶妙なバランスを保っていた。

 おっさんのおかげで、トイプードルたちの可愛さが引き立っている。

 そんなことを思いながら通り過ぎるおっさんと4匹を微笑ましく見ていると、卒爾(そつじ)、おっさんが目を見開き、かぁーーーーーーーっ、と乾いた声を発した。

 大きな声だった。

 警報、それを聞いたとき私はたしかにそう思った。そのくらい大きな声だった。

 なんなんだこいつ。トイプードル4匹飼うくらいだから気が狂ってるのかしらん。と、次の瞬間。

 おっさんが、大きい痰を吐いた。

 痰は犬たちの頭上を越えて、道路の真ん中に「ぺしっ」と音を立てて張り付いた。

 

 あまりの出来事に、絶句した。

 ただの通りすがりである私たちと犬たちは何事もなかったかのように歩みを止めず、互い違いの方向へ去って行った。

 

 それがなんだかすごく可笑しくて、笑いながら家へ帰った。

 すれ違う人に気が狂ってるのかしらん、と思われたかもしれない。

 

 

 ↓

 

 

 自分でもよくわからないのだが、よくわからないところで笑いのツボに入る。

 あとから思えば、おっさんが物凄い大仰な痰を吐いたからってなんなのだろう。汚いだけじゃないか。税金で作った公道を汚すな。

 この笑いはプライベートでの出来事だったからいいけど、仕事中にも突然笑いのツボが来るので困る。前にも書いたけど、先輩と端末の数を数えていたとき、ひたすら数を数えるのがなんだか可笑しくて笑ってしまった。

「ど、どうしたんだ?」

「すみません、ツボっちゃって……ああ、おかしい……」

「おかしいのは君のほうだよ」

「……はい」

 

  ↓

 

 最近会社の喫煙所に、明らかに気の狂った人がいて、その人は「すぅぅぅ、すぅぅぅ」と“言いながら”煙草を喫んだり、至近距離に接近してきたり、そんなことをしながらひたすらウロウロしているので厄介極まりなく、普通に勘弁してくれと思う。でも、私も疲れたらあれやってみようかなとちょっと考えてる。

 

 おかしいのは彼だが、可笑しいのは周りの人間だ。

 「何も見えていない」かのような視線の泳ぎ方、そそくさと一服を終える味の悪さ、全員が不快感に無理をしていて、せっかくの一服なのに「最低」の文字が顔に浮かんでいる様子。

 さすがに爆笑はしないけど、なんだか微笑ましい。

 人間というか、動物というものは「そういう風にできてるんだな」と思いを馳せる。電車の中で騒ぐ大人やチンピラとは目を合わせないようにし、できるだけ心を遠い所へ追いやり、カメレオンのように空気に身を溶けこませ、呼吸を浅くして存在感を消す。

 人間も動物なのだなぁ。

 

 彼らのそんな顔を見るために、私も喫煙所を執拗にウロウロしてしまうのかもしれない。