蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

なにもない静かな休日

 給休暇を取得して3連休を作った。

 6月は祝日がないからこそ、積極的に休暇を取るべきだ。そうでないとカレンダーの圧迫感に卒倒しそうになる。

 今年の6月は1日が月曜日で、カレンダーのぎっしり・たっぷり・みちみち感には重量感があって息苦しい。デブの満員電車かよ。こういう月こそ休暇を取るべきだ。

 

 だけど特にすることもないので、ブログを書いたり小説を少し書いたり本を読んだり、あとはYouTubeで包丁を磨く動画を見ていたら一日が終わってしまった。

 

 近所のラーメン屋さんに歩いて行くと、カウンターにはニンニクもラー油も置いてなかった。感染拡大を恐れてやめたのだそうだ。

 私はニンニクでめちゃくちゃになりたくて来たのに、残念だ。

 ニンニクでドライブ感とライブ感をマシマシできないラーメンの、どこに価値を見出せばいいのだろう。

 だけど仕方がないこのご時世。私が店主でも同じ対応をしただろう。

 はやくどうにかならんかなぁ、と思いながらすすったニンニクのないラーメンは、しかし、なかなか美味しかった。

 ニンニクなくてもいいんじゃん。

 

 近所のスターバックスに行き、新作のイチゴのフラペチーノをテイクアウトする。

 実は2日連続でこれを飲む。

 2日連続はさすがにまずいだろうか、「糖尿」という言葉が脳裏に漂う。

 でも3日連続よりはマシだろ、と悪魔が囁いて「それもそうだな」と返事をした。この悪魔はあらゆる欲望について論理で正当化してくるから困る。どんどん堕落する。

 それを買い飲み、無心で浸る。

 乾いた欲望が潤っていく。脳の細部まで快楽物質が染みわたる。こう書くとヤバイ薬みたいだ。ヤバイ薬ではないけど、体に良いものではないだろう。

 久々のヒット。去年の今頃に発売されていたプリンのフラペチーノ以来のヒットだ。

 プリンのフラペチーノはアメリカ人的な甘さで、恋人は「無理」と言っていたが、私には深い癒しをもたらしてくれて、発売中何回飲んだことだろう。

「ひどく疲れていた時期だったのよ」恋人はそう言う。

 デートのたびに飲んでいたので、シーズンの最後の方はさすがに引かれた。

 

 イチゴは美味しくてヒットだけど、さすがにプリンほどじゃないよなぁと、快楽に浸かりながらおもう。

 

 なにもない静かな休日だった。

 包丁を磨く動画を見た後に、工具を磨く動画を見ていたら夜になっていた。