蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

ピジョンの私的な憂鬱

ケモン(初代)のアニメを26話まで見た。

26話は「エリカとクサイハナ」で、サトシは4つ目のバッジを手に入れる。(5つ目だったかもしれない)

毎話毎話ポケモンたちは可愛く、ロケット弾はラブリーチャーミーだ。

 

 

サトシは着々とストーリーを進め、仲間を増やしてきた。

戦い方も上手になってきている。危機的な状況で機転が利くし、何よりも勇気と根性がある。立派な男の子だ。

ポケモンたちと着実に絆を深め、たしかにライバルたちよりも進歩は遅いかもしれないけれど、素人目に見ても10歳のわりにはよくやっていると評価できる。私が10歳の頃なんて、たぶんダンゴムシとか食べてたとおもう。土を固めたものを頬張っていたとおもう。

 

 

だけど、サトシの仲間のポケモンのうち、一匹、仲間はずれがいる。

その子のことが気になってしかたない。

 

 

f:id:arimeiro:20201130231629p:plain

ピジョン

 

ピジョンがいつ仲間になったか、私は覚えていない。

一週間余りで一気見した私ですら覚えていないのだから、サトシたちも覚えていないだろう。

いつの間にか捕らえられ、サトシのスタメン入りしていた。

初期こそ出番があったが、26話現在、ほとんど出番がない。

ピカチュウをはじめ、ゼニガメヒトカゲフシギダネばかりが活躍し、そして出来事を解決してしまうので、ピジョン先輩の役目はないのだ。

おなじ飛行タイプのバタフリーが物語から退席してから、出番が増えるかと期待したが、ますます登場しなくなった。

それぞれの仲間のポケモンには馴れ初めやストーリーがあるのに、ピジョンには無く、思い入れも薄い。

能力的にも、ものすごい風を起こしたり、砂をかけたりと、なんだか地味だ。

電気や水や炎を吐かないし、バタフリーのように特殊な鱗粉も撒かない。

ピジョンの能力は使い勝手はいいはずなのに使いどころがなく、地味で、ポケモンというよりも要するに「デカい鳥」という印象が強い。

実際にピジョンがいたとして、その隣にダチョウがいたら、皆はダチョウを物珍しく見物に行くだろう。

そのくらい、魅力がないのだ。

実際は魅力があるのに、気付いてもらえないのだ。

 

 

なんとなく場に馴染めていない感じがする。

なんとなく誰からも相手にされていないような気がする。

やれと言われたらある程度はなんでもできるけれど、特筆してなにかができるわけではなく、器用貧乏な印象がある。

周りのみんなが特別凄いのではなく、自分に魅力がないだけなのではないか、という事実に気付く。

魅力がないだけじゃなく、それを伝える力もないし、(この後のことはつらくて書けない)。

 

ピジョンを見ていると(ほとんど登場しないので見れないのだが)、そういった自分の心のモヤモヤと重ねてしまう。

ああ、おれはピジョンか。そうおもう。

毎話、ピジョンが出ないと肩を落とす。

サトシ、たのむ、ピジョンに気付いてくれ。そうしてまた肩を落とす。

 

こんな扱いがあっては、永久にポケモンマスターなんかにはなれないとおもう。

 

懐いたら可愛いって。ピジョンも、私も。