蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

コンビニ無制限購買欲求

こさいきん粘着質な悪夢ばかり見ていて、寝起きは吐き捨てられたばかりのまだ温かいチューインガムを踏んだような気分だったのだが、先晩久しぶりに(長期休暇ほどのペースの久しさだ)良い夢を見れたので、記念にここに書いておこうと思う。

実にシンプルでいい夢だった。

コンビニで爆買いする夢だ。

しかも、ローソン、セブン、ファミマの3軒を回り、値段もカロリーも気にせず好きなだけ食べたいものをカゴに突っ込んでいくのだ。

各コンビニのブランドで発売されているポテトチップスを「味比べ」と称してすべて買い揃える。

ホットスナックもそれぞれいいところがあるから食べ比べなきゃならない。Lチキとファミチキに決然として優劣を決めなければならない。高価で知られる「からあげクン」を全種類買うこともできる。

セブンイレブンの気になった冷凍食品をどんどんカゴに入れていく。デザートも迷わず入れていく。これが流儀だ、礼儀だと言わんばかりに。

酒。酒なんてもう、酒だ。飲みたいものすべて。

ああ。

ああ、忙しい。

忙しいよ〜笑

って楽しんでたらスッと目が覚めた。

「まさに夢を見ていた、だな」と寝起きに呟いた。

 

この夢の良かったところは、食べる前に終わったという点だ。

こういうのってバイキングも同じだけど、楽しさのピークは選ぶときにあって食べるときではないと思う。ピークというか、選ぶ楽しさと食べる楽しさは別の種類のものだと私は考える。そして私にとってどちらが楽しいかというと、選ぶ方が楽しいのだ。なぜなら食べる量には限界があって、消費期限があって、美味しさを感じる限界があるが、無制限に選ぶのはなんの限界もないから。

本も読み始める前にどんな物語だろうと思いを馳せている時間の方が楽しいかもしれない。物語がそれを上回る面白さでなければ。

思い返してみれば、ほとんどのものは選んでるときの方が楽しさを感じているかもしれない。

 

それにしても、久しぶりに見た「いい夢」がコンビニで無制限に買い漁る夢だったのが、我ながら実に庶民的だ。

この夢だって最高だし たしかに実現は不可能なんだけど、せっかくならもうちょっと現実離れしたことを夢の中でくらいしてみたかった。

たとえば?

たとえば……コンビニの商品をその場でちょっとずつつまみ食いする、とか……。