蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

副反応2ndシーズン

2回目のワクチン接種を終えて翌朝、身体中を蝕む関節痛で目を覚ました。

2回目の方が反応が激しいと聞いていたので警戒していたが、熱ではなく関節痛・筋肉痛に反応が出るタイプみたいだ。

腰、尻、膝裏、背中、肩甲骨、そして注射をした左腕が痛む。どれも背面が痛むのは、たぶん苦しみというものは背後から忍び寄ってくるものだからだ。

寝てても痛いし起きても痛いので、薬を飲んでじっとしているしかなさそうだ。

とは言え、高熱や頭痛のほうがずっとツラいので、関節痛に収まるならばそれに越したことはない。

 

鎮痛剤を飲んでしばらくすると痛みが落ち着いてきたが、尻の痛みだけが消えない。

尻に薬は効かぬ。

尻、と一言に申してもいわゆる「穴」ではなく、臀部(でんぶ)、つまり脂肪肉の部分が疼くように痛くて、何事にも集中を欠く。これを書いてる今も尻が疼くのでときどき さすりながら休み休み書いている。

なんで尻には効かないんだろう。まことに不可解で理不尽だと思う。

尻が蔑ろにされている。社会的弱者のように。

義憤に駆られもする。

副反応で尻がやたらと痛くなる同志がいたら声をかけてほしい。「お尻が痛いですよね。たとえるならなんかこう、淡い火傷してるみたいな」などと話したい。共有したい。

「わたしの痛みはあなたのよりももっと酷くて、座ることもままならなかったんですよ」「あなたの痛みなんてわたしのに比べたら……」「いやいや、その程度ならね、僕の方が酷かったですよ」

やっぱり声はかけないでほしい。この痛みは一人でそっとブログにでも書いておくから。

微熱が出てきた。

 

食欲はあるが、食べれる気がしない。

猛烈にピザを食べたいのだが、食べれる気がしない。心と体が解離しているのだ。内臓とか神経が「ダメですよ」と言葉なく拒絶する。

でも私の心は、ピザを食べたい、チーズに食らいつきたい、タバスコをアホみたいにかけたナポリタンを食いたい、ホットドッグに貪りつきたい、アブラまみれのラーメンをすすりたい、チーズインハンバーグを食べたい、肉塊を抱きしめたい、海を見たい、人を愛したい、と叫んでいる。

でも実際問題、体は滋味のある和食を求めている。

心と体が解離している。

離れ離れになってひとつの「私」にならない。

真っ二つだ。

まるで尻のように。