蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

目標を掲げる目標

今週のお題「今月の目標」

 

分の中で目標を立てる際、気を付けることがいくつかある。

とくに大切なのが「現実的な目標を立てる」ことだ。ましてやそれが「今月の目標」という小規模なものとなれば、大々的な目標を掲げるわけにはいかない。

たとえば「宇宙飛行士になる」とか「世界中のすべての鳥をカメラに収める」とか「深海8000メートルでラバンダを踊る」みたいな壮大なものだと今月中の達成は難しい。せいぜいそれらの壮大な夢の達成に向けた一歩を目標にすべきである。「体力をつけるために一日30分走る」とか「毎日近所の野鳥の写真を撮る」とか「お風呂で一分息を止める」そんなところだろう。

また、あまりにも矮小な目標では張り合いがない。

「一日3回以上呼吸をする」とか「スマホを見ない時間を寝ているときも含めて3分以上作る」とか「今月中に窓を一回以上開ける」とかだとどうしようもない。

「いや、一日3回以上呼吸をするのがどれだけ大変なことかわかってるんですか?あなたなにも知らないですよね。わたしは一日に2回呼吸をするのがやっとで、むしろそれで充分なのに、周りの人からもっと呼吸をしろと呼吸ハラスメントを受けていてとても窮屈な思いをしているんですよ。それで、嫌々ながら(ときには心的な痛みを伴いながら)一日3回以上の呼吸習慣を今月の目標に掲げているんです。そんなわたしの事情も知らずに「矮小な目標では張り合いがない」「どうしようもない」ですって?もっと多くの人に配慮した文章を発表すべきです。見損ないました」

心の中のインターネットから批判の声が上がったので「矮小な目標」についての話はここまでにしよう。目標は人それぞれでいい。ただ、自分にとってあまりにも達成が容易なものであると張り合いがないよね、という話だ。

 

以上を踏まえて今月の目標を設定したい。

大過ぎず矮小過ぎない目標。できればさらに先に大きな目標があってそれの一歩となるようなもの。

 

最近本当に太ってきて等比数列的にデブが加速しているのでこれを何とかするための一歩を掲げようかな。

でもどうなんだろう。筋トレを一日どれだけなにをやれば効果的なんだろう。それを調べるのも億劫だ。そういうのって調べてみると「ここから先は有料会員読者様限定!」とか「本では詳しく書いてあります」みたいな結論に収束しがちでそれもムカつくんだよな。

筋肉がつかないで脂肪だけがぶよぶよ溜まっていくので不健康な太り方をしており、このままじゃ餓鬼みたいに憐れな姿になってしまう。それは嫌だ。

 

決めた。

毎日、なんかしら、ちょっと運動する。

そうしよう。なんかしよう。

 

といった具合の漠然とした目標もまた失敗の原因となりうるのだが、私はこれの積み重ねでここまで生きてしまいました。それを学びもせず、反省もせず。

これからも、です。