蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

最近の140字小説

 近はなかなか140字小説を書けないでいる。

 なにも思い浮かばないのだ。

 現場に配属されて働きはじめてから作品投稿ペースがグンと落ちた。

 以前は2、3日にいっぺん投稿できていたのに、最近は1週間にいっぺん投稿できたらいいくらいになっている。そろそろ140字小説アカウントであるという文言を消した方がいいかもしれない。

 

 なにせ毎日に暇がない。

 仕事中はまったく考えられないし、通勤時間は本を読んでいるし、帰ったらブログを書き、長い小説を書いているため、140字で収まる物語を考えられる脳容量がないのだ。

 私の物語を作る脳みそは、コンピュータのように高速処理して同時並行で作れるようにできてはいない。あまり良いCPUを積んでいない。

 140字小説はなかなかコスパが悪くて、推敲にかなりの時間を要するし、疲れる。そこが楽しさでもあるのだけど、Twitterの文字数で作れるからって決して楽なわけじゃない。140字の中で起承転結をまとめ、伏線を張ったり、読者の目を誤魔化す工夫をしなければならない。短いというだけで、立派な小説なのだ。

 

 そんなわけで、ぽつぽつ書いていた140字小説のうち、多少人気のあったものをまとめておこうと思う。『』の中はタイトルです。

 

   『日曜日さんも夕方以降はかなり嫌われてる』

 ちなみにこの140字小説を書いた次の日の月曜日、台風のおかげで私は6時間遅刻することになる。

 

 次ッ!

 

 

   『実は聞いてますよ』

 

 次

   『反転する光景』

 

 次

   『二度と思い出せなくなるまで』

 

 次

   『泥棒だ!』

 

 

 蟻迷路のアカウントをはじめた頃は1日3~4編の140字小説を投稿していた。

 まずはフォロワーを獲得したいというのもあったけど、単に暇だったのだと思う。考える時間が多かった。

 よくやってたよなぁ。

 

 今回まとめた中でいちばん気に入ってるのは最後の『泥棒だ!』です。

 泥棒も侵入したときや部屋を荒らしているときはハラハラしてるんだろうなぁ。クズめ。

 

 もっと140字小説書きたいなぁ~~~~~。