蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

だからお前はダメなんだ

「した方がいいかな」とおもったことは絶対にした方がいい。

これは24年生きてきて最近気づいた法則で、主に仕事の場面ではよく直面する問題である。

「した方がいいかな……でもしなくてもいいよな。面倒くさ。知るかばか。帰ろ。帰って飲酒に浸ろう」などとその場を疎かにすると、帰宅後に急激に気になって落ち着かなくなったり、後日、そのときのミスが発覚して大変なことになる。

だいたいこれによって私のミスは引き起こされる。

ひどかったのは、「めんどくさ。報告するほどのことでもないわ」とおもったものが5カ月後くらいにミスとして発覚し、取り返しがつかなくなったことがある。やれやれ。

「した方がいいかな」とちょっとでも思ったのなら、した方がいいに決まってる。

ベストを尽くすべきなのだ。

すこしでも疑問に思ったり、引っかかったことがあったら、いったん手を止めて、先輩に相談すべきだ。

どうしてそんな簡単なことができないのか、つくづく呆れてしまうけど、そこには怠惰と薄っぺらいプライドがあって、自己分析するほど自己嫌悪に陥る。

臆病に思う気持ちがあって「確認」の作業が入るのだが、その臆病さが「隠ぺい」のベクトルを選ぶとろくなことにならない。薄っぺらなプライド。卑怯な臆病。

すべてはベストを尽くそうとしないから後悔に至るのだ。

昨日もベストを尽くさなかったために、今とても後悔している。

 

何事においても、ベストを尽くそうとすべきだ。

 

   ↓

 

このように、最近気づいた当たり前のこととしてもう一つ挙げたいのが「横着するな」だ。

物事を横着してやろうものなら、正当にやるよりも時間がかかり面倒くさいことになる。

そんなことに24年生きてきて、最近ようやく気付けた。

ゴミを捨てるときは遠くから投げ入れるよりも、きちんと側に寄って捨てた方が確実だ。

物を運ぶときは全部一気にのろのろ運ぶのではなく、小分けにして往復した方がいい。

横着はいかん。

きちんと身体を縦にして、てきぱき動いたほうがいいに決まっている。

 

つーか、ここまで書いて思ったけど、私の失敗の基本にあるものは「怠惰」なんだな。

ということは、怠惰癖を直せば万事はうまくいくということ。

万事が上手くいけば、人生はウマい方向に転がり、そのうち豪邸に住んで大きな犬を飼い、高級な猫を飼い、池には錦鯉が泳ぎ、家は綺麗で、外車に乗り、プールがあって、壁にはアートが飾ってある。美しい木目の柱がある。食パンは高級生食パンしか食べない。

怠惰を正せば、そうなれるに違いない。

私は怠惰をやめるぞ。実直に、真面目に生きるぞ。

 

でも動くよりも、こうして想像してる方が楽なんだよナ。