蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

エレベーターで正拳突きの日々

いきんは会社のエレベーターで私以外誰も乗っていなかったら、ここぞとばかり、虚空に向かって正拳突きをしている。

 

合掌し、心を整え、腰を落とし、構えて、突く。

 

一連の動作に5~6秒、高速エレベーターはその間に私を高層階へ連れていく。

フロアに着いたら自分のデスクに戻り、メールとか返す。

「平素、お世話になっております」とか書く。「へ」と打つだけで予測変換に「平素、お世話になっております」が出てくるので、書き出しに2秒もかからない。

 

エレベーターに私だけだったら、正拳突きもするけど、歌を歌ったりもする。

それも、わりと大きめの声で歌う。

OASISの「Don't Look Back in Anger」とかKing Gnuの「白日」のサビとか、「おどるポンポコリン」のBメロを歌ったりする。君が代を独唱する日もある。

もしくはジャミロクワイの「Virtual Insanity」の鼻歌をしながら、MVみたいなパントマイムをする。

 

f:id:arimeiro:20201201233649p:plain

f:id:arimeiro:20201201233704p:plain

f:id:arimeiro:20201201233721p:plain

f:id:arimeiro:20201201233917p:plain

そんで自分のデスクに戻ったら、案件報告書の資料をまとめたりする。

ユーザーに電話をし、端末返却の催促をしたりする。

 

みんなは私がエレベーターの中で正拳突きをしていることを知らないし、ジャミロクワイごっこをしていることも知らない。

 

これをやったからなにかハッピーになれるかというとそういうわけではないし、ストレス発散にもならない。

「自分一人しかいない」という状況になったらなんかしなくちゃ損、という思考が働いて、なにかせずにはいられなくなるのだ。

その結果、正拳突きやお歌の時間が生まれるわけである。

 

皆さんは、会社のエレベーターに一人きりになったら、なにをしていますか?

正拳突きしたり、四股踏んだり、叫んだりしているんですか?

私は明日、エレベーターに一人になったら、無暗にぐるぐる歩き回ろうとおもう。トリプルトウループを決めてもいいかもしれない。卑猥な言葉を連呼してみようかしら。「死ね!」と叫んでみようか。

馴れるとどんどん刺激が欲しくなってくる。

 

 

自分以外の人間もこういうことしているかも。

先輩も、後輩も、部長も、課長も、オフィスのマドンナも。

そうして素知らぬ顔でメールを返したり業務報告をしているのだ。会議では眠ったり、偉そうに批判したりしているかもしれない。ファイルをサーバーに保存しているかもしれない。トラブル対応をしているかもしれない。素知らぬ顔で。

そうおもうとなんだか怖くなってきた。

誰にでも秘密があり、誰しもが他人である。それでも先輩がエレベーターの中で発狂していたらかなり嫌だな。

 

他人のふり見て我がふり直せ。って、みんながやっているのか知らんけど。

私もちょっとこういうことは今後止めた方がいいかもしれない。