蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

金曜日がおれの肩をおさえる

曜日、仕事終わり。

駅のスーパーで主に酒類を買うことを、毎週金曜日の週課にしている私は、この金曜日も早足でスーパーに滑り込み、主に酒類と、アテのものと、ゼリーなどを買うべくカゴへ欲しいものを放っていった。

平日は酒を飲まないことにしている。酒を飲むと微睡みの時間が長くなって、脳が働かなくなって、一切は、ただ一切は過ぎていくだけになるからだ。時間のない平日こそ、はっきりした脳の感度で時間を無駄にせず過ごすべきだとようやく気付いた。

などと偉そうなことを言ってるけど、実のところはようやく気付いてそうしているのではなく、転職して仕事のストレスがなくなったことで、毎晩前後不覚になるまで飲まなくても心の安定を保ているようになっただけである。

酒を飲むと肌も荒れるし、一度アルコールに破壊された脳細胞は二度と回復しないので、健康にも気を使い、ストレスもないし平日は飲まないようにしている。それだけだ。

というわけで、まぁ、週のご褒美として、金曜と休日は飲むことを許すのである。

ご褒美。

1週間の労いとしての酒。歓びとしてのスーパー。

そんなテンションだったわけだ、哀れなこの男は。とどのつまりは、素晴らしい金曜日なわけだ。

しかし、事件は起こった。

レジに並んでいたら、平然と、しかし不慮の事故のような様相で、下品なコートを着たおばさんが、割り込んできたのだ。

瞬間。

プッツーン。

キレたね。

クリリンフリーザに殺されたときに悟空が音もなく切れたのとまったく同じ感じで、キレた。

「おいおい、勘弁してくれよおばはん。こっちは、ほら、見ろよ、こうして並んでるだろうが。横入りすんな。お前の目はそのデカケツにでもついてんのか?」

そう言おうとした。なんなら、ちょっとした騒ぎにしてやれ、とまで思った。

しかし、私は偉かった。

私は、一度深呼吸をして、脳に充分な酸素を行き渡らせて、しばし冷静さを取り戻したのである。

ここで、おばはんを弾劾し、私は気持ちよく過ごせるのだろうか?

金曜日の夜の平然を、平安を、安寧を、おばはんへの説教で台無しにしていいのだろうか?

おばはんにだって金曜の夜は平等に訪れる。おばはん、もといこの女性だって疲れているだろうし、決してわざと割り込んだわけではあるまい。

そこで怒鳴り散らかして、かすかな報復感と虚な万能感に浸ることになんの意味があるだろう。なにが救われるだろう。

冷静になってみると、先ほどまでの、ちょっとした騒ぎにしてやれと嗜虐的な気配すら抱いていた自分が恥ずかしくなってきた。

今日は金曜日だ。誰だって、それは私だって、素敵な金曜日を過ごす権利があるじゃないか。

金曜日が私の肩を叩いてくれたおかげで、私は女性を許すことができた。

と同時に、隣のレジが空いて、私は結果として女性よりも先に会計を済ませられた。

やっぱり、徳を積むといいことがあるもんだ。

仏の存在をリアルに感じる。見られてる。仏に見守られてる。胸が温かい。酸素が美味しい。

 

だが、そのレジの対応が悪くて、なんか客を馬鹿にしているというか、正味ダルくてかなわんからとっととどっか行けや、みたいなバーコード読みをしたり商品をぞんざいに扱ったりなんの一言も発さずに金をバラバラと置かれたので、再び心の中の悟空がキレて大猿になるかと思った。

そのときの私も偉かった。

落ち着け、金曜日じゃないか……

 

おばはんも、レジの明らかに窃盗犯のようなナリをしたバイトの男も、実は金曜日によって生かされてるだけなのだとは、知るよしもない。