蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

第一回ブログ投稿タイムアタック選手権

  うををおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

 急げ急げ急げ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 第一回ブログ投稿タイムアタック選手権とは何かというと、限られた時間内にブログ記事を書ききって投稿するというただそれだけの、自己満足の、選手権大会である。

 出場選手は私、蟻迷路、以上だ。

 

 ルールは以下のとおりである。

 

・規定時間はお風呂が沸くまでの時間

・時間内に記事タイトルからカテゴリ選択、執筆、推敲、投稿までを終わらせる

・優れたブログを書けたら「満足」して終了

 

 既定の時間は長いようで短い。10分、ないしは15分ほどか。

 推敲の時間はしている場合ではないだろう。だから今回は推敲はしないことにして、一発で完璧な文章などといったものを書くように心がける。

 完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないように。

 この言葉が私に許しを与えてくれる。

 

 短い時間で書くと決めると物凄くあせるな。

 もしかしたら途中で終わるかもな。

 

 私は普段、1000文字以上書くようにしている。

 だから今日も1000文字以上書きたいと思う。

 まだ500文字も言ってない。やばい。あせってきた。やばいよ~。

 

 うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ

 

 あせって、うんこを連発してしまった。これでひとまず700文字程度にはなった。

 だがこれでいいのだろうか。

 今日の記事はまったく中身がないではないか。

 ただただ私があせっているだけだ。この焦りは伝わるだろうか。うんこうんこうんこ。

 

 どうshてこんな記事を書こうと思ったのか。もっと腰を据えて書くべきだ。焦らなくてもいい。あせっては事を仕損ずる。

 そもそも、書くことがなかったのがいけないのだ。

 書くことがないからこんな規格を思いついたのだ。

「第一回」とタイトルには書いたけど、第2回がもう永久に来ないことを確信している今既に。

 

 あと100字で1000戦字だ。もうさっきから誤字しまくってる、でも治す時間もない。入浴剤の優しい癒しのニオイが香ってきた。いよいよお風呂が入りましたのメロディが流れるだろY。

 ティロロンティロロンティロロン・ロン♪

 ティロロンティロ論・ロン・ロン♪ってやつ

 あれはいったいなんて曲なんだろう。でも調べてる時間もない。

 あれを聴くと、おれはなぜだろう、泣きながら踊っている道化師が頭に浮かぶ。

 サーカスの空中