蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

憎悪を煽れ!コロナ対策

こかしこで緊急事態が宣言されて大変なことになっているなぁとちょっと他人事みたいな感じだったのだけど、会社のビルテナントで感染者が出たり、ついに職場の方のご家族に陽性者が出てしまったりして、いよいよ身近な恐怖になった。

感染者数も、もはや数なんて意味をなさないくらい東京は多くて、よくわからなくなっちゃってる。

お、少ないじゃん、と思ったら陽性率とやらが高かったり、検査母数がそもそも少なかったり、多すぎたり、なにを基準に置けばいいのかもわからず、下手に数字を見るよりか「とにかく危険なんだ」ということだけ考えていた方が惑わされなくて済む気がする。

 

アフリカか東欧かアステカか忘れたけど、どこかの地域のいつかの時代では、数字は1,2,3,4,5,「たくさん」しかなかったらしい。

6以上の数字は存在せず、「たくさん」という状態として認識されていた。

数字は羊かなにかの家畜を数えるときにしか使わなかったのだ。

6以上は多いので、「たくさん」という認識で大丈夫だったのだろう。

貨幣の登場と共にこの考え方はかなり不便になっただろうけど、なんか余計なことを考えなくて済むから楽ではある。

アフリカか東欧かアステカか忘れたけど、どこかの地域のいつかの時代の数え方を適用すると、現状の感染者数は「とても多」くて「かなりヤバイ」という認識になる。

シンプルでわかりやすい。数字に惑わされるくらいなら、余計なことを考えずに「ヤバイ」って認識を持って意識した行動を心掛けた方が良さそうだ。

 

 

この期に及んで感染対策の万全ではない会食をしたり、無駄に出社するのはどうかと思う。とか言いつつ、私の会社も出社しているのでどうも強く言えないのだが。

悪い意味の慣れというか、なんとなく「もうどうにもならんよね」みたいな割り切った雰囲気があるというか、全体的に感覚が麻痺してきちゃってる気がする。

 

日本人は同調圧力に敏感な生き物だから、強固な外出自粛をすすめたいのなら「呼びかけ」ではなく憎悪を煽って、ウソでも誰かを犠牲にして「この時期になってマスクなしで飲み会をやり、しかもその中に陽性者がいて、50人がクラスター感染し、地域の病床を埋めた」みたいな報道をして悪者を吊るし上げる演出をした方が、外出自粛に効果があるのではないだろうか。

テレビやネットニュースがしきりにその悪者を非難し、社会的に抹殺する勢いでぶっ叩き、「自分たちは正義側である」という意識を視聴者と読者に植え付けることに成功すれば、一部の意識が変わって周りに伝染し、そのうち「外出は悪」みたいになるんじゃないか。

芸能人や政治家がその役割を担っている気がしないでもない。実際去年の3月とか4月ってそういう雰囲気あった。

 

地方では帰省した人や悪気はなくとも感染した人が村八分に遭っている、みたいな噂を聞く。

そういうニュースはもっと流した方がいい。

そうやって憎悪を煽り、恐怖心を植え付け、同調圧力を高めた方が外出自粛はすすむ。

同調させるにはどうしても「対立」の構図が必要になり「悪者」を作る必要があるから誰かが犠牲になる。

人身御供。

それは悲しいな。

 

 

こんなSFのディストピアみたいな世界、妄想だけど、現実的に効果あるんじゃないかな、と思ってる。絶対に嫌だけど。もう勘弁してほしいね。いろいろ。