蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

教育して叱ってくれ

場に中途の新人が入った。

私より6つ年上の女性だが、実質直属の後輩になる。

これだけでいかにやりにくい人間関係になるか想像に難くないだろうけど、そこはもう割り切っていて、ふつうに後輩として扱っている。職場では経歴と実力が重視されるべきで、年齢は関係ないのだ。

 

彼女はこの業界(IT)のズブの素人で、いちおう本社で研修を受けて基本的な知識(有線接続と無線接続の違いとか、Windowsとはなにか、とか)はあるものの、PC操作に関してはイロハも知らない状態だった。

そうなると初めのうちは戦力としては扱えないので、日々業務に馴れてもらいながら少しずつ覚えていってもらうしかない。誰だって最初はなにもわからないのだから、当然だ。

彼女の状況は、一年半前の、私が新入社員として入社して現場に配属されたときと同じだ。

私だって右も左もわからず、高校の情報の授業で得た程度の知識しか有していなかった。

図らずも彼女の教育を通して、一年半前の自分を思い出すきっかけになり、また、自分の成長を実感するのであった。

 

────────

 

私はもうすぐ社会人3年目になる。

「3年目からは独り立ち」と言われていて、なにかと自分から動いたり、一人の兵士として立ち回らなければいけないみたいだ。

嫌すぎる~~~~~~。

ずっと甘えさせてくれ。社会人の、なんていうか、常識みたいなもの全然身についてる気がしないし、スキルもないし、やる気もないし、気概もない。

これからなにか誤魔化したりするときに「まだ新人なんで」みたいな顔が効かなくなるって、すごく不便だ。これからどうやって誤魔化していけばいいのだろう。誠実に働くしかないというのか?嫌すぎる。

 

でもなんか、最近仕事で、先輩に相談せずとも立ち回って案件の調整したり問題解決できるようになってきて、たしかに3年目になるなぁというかんじもする。

図らずも。

 

とは言えまだまだ若輩で、わからないことだらけ、ようやく自分が無知であることを認識するような状態でもある。

新人教育を鏡にして自分を見つめ直すきっかけにしていきたい、と思ってもいないことをさらりと言ってのけるのが3年目の賜物だ。

教育して叱ってくれ。