蟻は今日も迷路を作って

蟻迷路(ありめいろ)の文章ブログ。小説、エッセイ、真面目な話からそうでない話まで。Twitter→@arimeiro

猫の気配

家の母と電話していると、スピーカーの背後でちりん、ちりん、と涼し気な鈴の音が鳴った。

実家の猫の首輪の音である。

「まだゴハンあげてないから、ウロウロしてんのよ」と母は笑った。

猫がメシ欲しさにウロウロして睨みを利かせている姿を容易に想像できた。やわらかい肉球で歩くから、猫は足音がない。だけど首輪の鈴が鳴るから忍び寄って来てもわかってしまう。

電話の向こうでニャーと鳴く声がした。

必死に空腹を訴えている。

はやくゴハンをあげてやってくれ、と言って電話を切った。

それにしても猫は「気配」だけで可愛いものだ。

 

 

また別の日、仕事中のことだ。

ユーザーから返却された機器に猫のシールが貼ってあった。

ちょっとモコモコした立体的なシールが十枚くらいそこかしこに貼られていた。リース品なのでこういうのは貼ってほしくないし、剥がしたり綺麗にするにはそれなりに工数がかかるのでやめてほしいのだが、可愛いので許した。

キーボードの隙間をブラシで掃除していると、わんさか細かい毛が出てくる。

それはおぞましい光景に違いなく、はじめ妖怪の仕業かと身を引いたが、よく観察すれば白と黒の混じった細い毛は猫のものに違いなかった。

きっと、自宅勤務中に猫がパソコンの上に乗ったり、ご主人の仕事を邪魔したりしたのだな、と想像できる。

猫はその「気配」によって可愛さを想起させるのが得意だ。

 

 

我が家の周りには野良猫が多い。

昼夜問わず道路を横切る姿や軒で丸くなる姿を見られる。

朝、近所の大きな家の広い芝生のよく日が当たるところで、猫たちが5~7匹輪になって会議を開いている光景を拝める。いったいなにを報告しているのか人類は永劫に知る由も無いが、きっと猫たちなりに世界情勢を憂いているのだろう。

会議のない日にもその庭に目をやると、猫たちが輪になっていた光景が脳裏に浮かんで微笑ましくなる。

私もいつか庭付きの家を持つことができたら、猫の会議が開かれるような心地よいものも目指したい。(そのころには野良猫も絶滅しているかもしれないし、猫たちにとってはそのほうがいいかもしれない)

 

 

猫は気配だけで可愛い。