蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

大人になったら、

人になったら、と今でもたまに思うことがあるけど、今年27歳なんて充分大人だろ。

 

煙草をやめてもう2年以上になる。

今でもときどき吸いたくなるときがあって、たとえば、空気は暖かいのに向かい風だけはちょっと冷たく吹いてる夜とか、昼間からビールを飲んで口が寂しいときとか、仕事で疲れて煙草以外なにも口にしたくないときとか、つまらない喧嘩をしたときなんかで、2週間に一回くらいあるわけだ。

2年も辞めてるのにそれでもたまに吸いたくなるんだからタバコの依存性というか、あいつだけが持ってるあいつだけの魅力って凄いもんだと思うし、たぶん死ぬまで、これからもたまに吸いたくなるんだろうなと思う。つまらない。

別にもう吸っちゃってもいいとは思ってるんだけど、日常的に吸うのではなく、お酒をたまに飲むみたいに、たまに煙草を愉しむように付き合いたい。でも煙草はそううまくいかないのも知ってる。

大人になったら、煙草をやろう。

この間、ふとそう思ったときに、もう大人ぢゃん、って心の中の小学4年生が指をさして笑った。

指をさして笑うな。教育が悪いな。

 

ところで、新聞とかニュースって基本的に「昨日の続き」で構成されててすごすぎる。

前提とか前事件なんて説明せずに昨日からの進捗をネタにワイワイやってる。

おれはいったい、どこからこのニュースを見ればいいのかわからない。

とくに国際問題は根が深いところにあって、調べれば調べるほどわからなくなるし、たとえば中東問題は下手したら紀元前近くまで遡らなければならなくなる。みんな一体、どうしてこの話題でワイワイできるんだ。

寄り添ってくれるのは池上彰だけだ。

大人ってすごい。

大人になったら、なんかニュースとか政治とか経済とか自然とわかるもんだと思ってた。実際にはちょっと知識を身につけただけだとさらにややこしくわけわかんなくなって、なんならまったくなにも知らなかったとき特有の「勘」すら働かなくなって、身動きが取れなくなる。

ニュースを知って、そこから自分がどういう意見を持つかが大事なのに、考えることすらできない。政治が良いのか悪いのかもわからん。円高と円安もうまく説明できん。なにが起こっていてなにが起ころうとしているのか、わからん。

でもさ、メロスだって政治はわからなかったぢゃん。

それでもあんな、物語な行動を、できたわけ。太陽よりも速く走れたわけ。

おれはそういう風に生きれたら、もうそれでいいと思うよ。