蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

コント「コロナウィルス」

  京オリンピックの延期が決まると、申し合わせたように東京で感染拡大のニュースが入り、びっくりしてしまった。

 

 隠ぺいしてたんじゃん。

 

 半日でそんなに数が増えるわけないじゃん。いや、まぁ増えるのかもしれないけど、今までは「なんとか抑え込めてます!」みたいな雰囲気だったのに、延期が決まったとたんに「駄目でした!」ってボカンとなるのは怪しすぎる。

 でも、ほんとうに感染者数を隠ぺいしていたとしたら、ここまであからさまにほとんど白状するように感染者増加を報道はしないか、とも思う。そこまでバカじゃないと信じたいけど、信じがたいほどバカなのが日本政府だからまだわからない。

 ほんとうに隠ぺいしていたとして、それで死者も出ているのに東京オリンピックを開催しようとしていたのなら……そう考えるとゾッとする。

 「平和の祭典」つーのは金に踊らされることなんかと呆れる。

 「平和」なんて尊い言葉を軽率に使うべきじゃない。

 

 

 そんで、和牛券。

 なにを考えてるんだろう、と疑問に思うよりもまず、ああきっと和牛関係の裏で力を持っている「上」の組織と人間がいて政府はそれの言われるがままか「忖度」でこんなことになってんだろうな、と察した。

 そうでなければ「和牛の商品券をみんなに配ろう!お肉を食べて元気になろう!」なんて発想は小学2年生じゃないと出てこないからだ。

 あるいは、裏で力を持っている小学2年生がいるのかもしれない。いてもおかしくない。

 

 政府の対応は今のところすべてが裏目に出ていて、滑り台をずるずるずる止めようもなく下っていっている感じがする。下るというか、おちる、ってかんじだ。堕ちるって漢字だ。

 感染拡大を防止するために休日のお出かけは規制されたけど、じゃあ平日はどうなのって思う。ウィルスは真面目だから休日も平日もないのだけど。

 

 なんか、なんだろう、やりたいこと言っていることやっていることのすべてがチグハグで、なんか目標も目的も効果も明らかにされないで、ぐるぐる踊っているだけで面白いとでも思っているのだろうか。

 

 コントみたいだ。

 和牛商品券の話を見たとき、そう思って笑っちゃったんだけど、よく考えたら全然可笑しくなかった。

 

 

  ↓

 

 

 政権交代あるかもなぁと思った。

 東日本のあの忌まわしい震災のときもそうだったけど、政権交代って経済危機や天災のときにされるもんだ。

 市民は生命の危機から来る不信感を政府をよりどころにしてぶつけてくるのだ。だから一手でも対応を間違うと政権の首にかかってくる。

 フランス革命の時代も世界的な飢饉が起こっていたと聞くし、今回の伝染病で革命や政権転覆が促されてもおかしくない。可能性として。

 だからこそ、どこの国も今回のコロナ騒ぎで手抜かりなく、徹底的に、最初から最終兵器を使うつもりでコトにあたるべきだったのだ。とくにイタリアやスペインのような経済がズタボロだった国は。

 2020年だし、これまで最悪の伝染病を克服してきた人類だから、コロナなんてふざけた名前の病気なんてなんとかなるだろ!(笑)って油断があったような気がする。

 

 

 それにしても、政権が交代するとして、じゃあどこに投票しようか考えたけど、考えるだけ無駄だったので笑ってしまった。詰んでた。

 私が政治家だったら今回の危機を利用して「英雄」を演出し、市民の味方になって新政党立ち上げを目論むだろう。で、たぶん多くの政治家がそれを考えている。

 それを考えているうちはダメで、そんなの通用するのは広告産業だけ、政治は真摯にひたむきに大胆にやらなきゃ支持を得ない。

 

 

 とりあえず生き延びないとやりたいこともやれないので、手洗いとマスクを徹底したいと思う。あと水分補給。

 お茶を飲みまくってるせいか、おしっこの回数が増えてよく席を立つため「サボってる」と思われてる。実際、サボってる。