蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

嫌いだから愛してる

 私はあえて嫌いな音楽を聴く天邪鬼なところがあって、嫌いなミュージシャンの動画ばかり見てしまうちょっと病気みたいな癖のある面倒な人間であり、自分でもそういうところが嫌なんだけど、彼らを嫌いであるがゆえに彼らを見ないわけにはいかないみたいなところがある。それで、聴きすぎて好きになっちゃうのだ

 どういうことか?
 ここからは私が「嫌い」と言うミュージシャンを数組挙げるので、不快だったら読まなくて結構です。

 私は昔、湘南乃風というグループが大嫌いであった。
 好きな人がいたら申し訳ないんだけど、なんか生理的に無理だったのだ。アホっぽいし、チャラい人たちが聴いてそうだし、スカスカだし、くさいというか、言葉で表すのは無理なんだけど、卑しい感じがしていた。
 その話を湘南乃風が好きな人に話したら、怪訝な顔をされた。当然である。
 嫌いすぎて、TVで少しでも曲がかかったりすると、うわわっチャンネル回せ!下劣が伝染(うつ)る!だとかなんとか言って一人で大騒ぎしていた。家族は不審者を見るような目つきであった。当然である。
 それで、こっからは自分でも理解できないのだが、嫌いすぎてYouTubeにある湘南乃風のMVを片っ端からすべて見たのだ。
 意味わかんない。
 それを毎日やっていた。湘南乃風のファンへの当てつけなのかなんなのか。
 そんなことをしているうちに曲を覚え、自然と口ずさむようになり、カラオケで他の人が湘南乃風を歌ってたりすると、イェーイ!って盛り上がって、そんで改めて曲を聴くと若旦那いいな~とかHAN-KUNは唯一無二だよねなんて、あの怪訝な顔をした友人と喋ってたりして、まったく、いい具合に洗脳されたのであった。


 意味わかんないでしょ?
 今では湘南乃風に嫌悪感は一切なく、一緒にタオル振り回したいな~なんて考えたりしている。

youtu.be


 以前はWANIMAが嫌いであった。先に言っておくと、のちに私はWANIMAの楽曲で落涙するのだが、まぁ順を追って話そう。
 今から1年くらい前、WANIMAがCMの曲をやっていたり、紅白に出たりして(紅白に出たのは一昨年だったか。忘れた)世間への露出が増え、WANIMAの曲を街中で聴く機会が多かった頃だ。
 顔が嫌いだった。なんであんなに笑っているんだあいつらは。神経が切れてんのか。
 歌詞が嫌いだった。押しつけがましいくらい明るくて、曇り空をぶっ飛ばせ!みたいなこっちの気心も知れないポジティブさで、陰(いん)の者である私には殺傷力の高いそのポジティブさが鼻についた。彼らの歌を聴くたびに脳幹が冷える思いだった。そのことをWANIMAが割と好きな先輩に言ったら苦笑いされた。当然である。
 それで、ここから意味がわからないと思うが、私はWANIMAの曲を毎日聴いた。
 それで、湘南乃風の場合と同じく、私は徐々にWANIMAに惹かれていった。
 ふぅん、いいじゃん、でもまぁ、響かないかな。ふん。
 こんな「何様だ」って態度で聴いていた。
 私がWANIMAへの態度を一変させたのはある出来事によってだった。
 当時、私は就職活動をしていて、毎日知らぬ土地へ足を運び、だらだら長い説明会を聞いたり筆記試験を受けたり、面接で笑顔を作ったり、その結果が残念だったりして、心をすり減らしていた。なによりも、これから自分はどう生きていくのか?自分にとって大切なものはずっと大切なのか?何を守りたいのか?何を得たいのか?そんな答えの導けない自問自答の泥沼にハマって、精神的にまいっていた。
 明日も企業訪問だ……。エントリーシートを夜遅くまで書いた後に憂鬱な気持ちで冷たい布団にもぐった。そのとき、ふとYouTubeを開いたらWANIMAが流れた。「やってみよう」という曲だ。

  正しいより楽しい
  正しいより面白い
  やりたかったことやってみよう
  失敗も思い出

  やって後悔などすることないさ
  理由なんていらない

 などなど……。歌詞のワンフレーズワンフレーズがえげつなく響いてきて、不確かな未来に怯えていた私の背中を支えてくれるような、心強い勇気を与えてくれて、私は聴きながら号泣してしまった。

youtu.be

 それ以来WANIMAを馬鹿にすることはなくなり、「やってみよう」を聴いて就活を無事に乗り越えることができた。WANIMAがひとつの生きる道しるべになってくれた。感謝してもしきれない。そういう話を苦笑いした先輩に話したら、今度カラオケで歌おうか、ということになった。(「ともに」って曲もめちゃくちゃ好き)
  

 ね?
 意味わかんないでしょ?

 嫌い嫌い言いながら聴き続けて、最後はめちゃくちゃ好きになっている。
 書いてて我ながら意味わかんなくて、精神分裂しそうになった。

 アンチってファン以上にそのミュージシャンや作品のことを知っているものだ。アンチは強烈な非難をするために、ファンよりも詳しくアーティストのことを掘り下げて調べたりするものだ。それに私は近いのかもしれない。
 ただ、私の場合はちょろいから、好きになってしまうのだ。

 あと、私の周りの人は優しい。


 最近はSuchmosを徹底非難すべく、作品を購入し、毎日聴いている。作業用BGMとして極めて優れていて、またよく聴くとけっこう凝ったことやってて、ヨンスの歌声も日本人にはあまり無いし、演奏もオシャレで好感が持てる。
 ワールドカップのテーマソング「VOLT-AGE」がウケなかったのは、日本人の感性がまだSuchmosに追い付いていないからだ。日本なんて狭いフィールドのことは気にしなくていいし、わかってるファンはついていくのだから、自信をもって世界を視野に入れて活動すべきだ。
 Suchmosは歌詞も音楽も、いま最も「時代」を捉えているミュージシャンではなかろうか。人々がそれに気付くにはまだ時間がかかりそうだが。

 はい。
 このように、めちゃくちゃ好きになってしまいました。

 当然である。

youtu.be