蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

虚構症

んでもかんでもブログに書いているな、と時々反省する。

思ったことやその日あった出来事、読んだ本のこと、観た映画のこと、手当たり次第に書いている。こうして書いていることも今日考えたことだ。

我ながら節操なく見える。

ブログになにを書くかは常にネタ切れの状態であり、前日から書くことが決まっているときは嬉しくてすぐにパソコンに向かうほどで、大抵はモニターの前でウンウン唸ってなんとか話題を捻り出しているのできわめて些細な日常の機微をあれもこれも書くことになるのだ。

なんでもかんでも書いちゃって節操がない。

 

日常的なことは言葉を濁したり脚色したり(こういうのを演出と呼ぶ)しているので事実に忠実ではない部分が多々ある。これが私にはまたひとつネックになる。

誰かの言葉を思い出す。エッセイは嘘まみれである。小説は真実しか書かない。

現実をありのままに書いてしまうとどうしてもオチが弱かったりするし、また会話ではこう言ってくれた方がわかりやすいな、と書き直したり、もっと上手いこと言えるな、と話の緩急を演出的につけたりする。

そうした演出的虚構は「エッセイ」とか「ブログ」の名前を借りてさも現実であるかのように見せる。書いていて、卑怯だと思う。

私はできるだけ誠実でありたい。

息を吐くように虚構を重ねるのに疲れてしまうこともある。読者にそうとは知れず嘘をついているのが心苦しい。誰だって嘘をついて生きたいわけじゃないのだ。申し訳なく思っている。こうして書いていることが虚構ですらある。

 

じゃあもうブログ書くのやめたら?と声が聞こえてくるようだ。(ほんとうは聞こえていません)

本当に節操のなさを恥じていて、嘘をつくことに罪悪感を抱いているのなら、ふつうの神経だったら書くのをやめるべきなんじゃないの?と声は言う。(言ってません。演出です)

それでも私はやめられない。

楽しいから。

ブログ書くの、楽しいから。

もうライフワークになっちゃってて、書かないと気持ちが悪いんだよ。自己顕示欲とかもうなくて、ただひたすら書くのが楽しいだけなんだよ。

だからもうやめられねぇんだよ。

もういっそ、このブログを潰してすべて虚構でできたブログを始めようかなとすら思っている。それが短絡的だが最終的な解決かもしれない。

続けていくには心の落とし所を作らねばならず、結果として今日の記事を書くに至った。

     ↑

これもまぁ、嘘なんですが……。