蟻は今日も迷路を作って

真面目な話からそうでない話まで。本当の話から嘘の話まで。蟻迷路(ありめいろ)という人が書いてます。

高級食パン屋のプロデューサーになりたい

職したいなぁとずっと思っているけど、なんかできていない。

思ってるだけじゃダメだ、動かないといけない、のでとりあえず転職サイトに登録してみたが、なんだかどのオファーもあまりピンとこない。

給料が低いことを恋人にも心配されていて、確かに他の同世代よりも低いし、社内の福利厚生もグズグズで正直他の企業より遅れをとっているし、今の仕事自体好きでもないのでこうなったら転職をした方がいいのだけど、さて、私は何に転職したいのか、どうしたいのかがわからない。

とどのつまりは働きたくない。

それに尽きてしまう。

働きたくないのでどの仕事も「う〜ん」となってしまう。

 

今の仕事だって給料は低いし つまらないし やりがいもないけど、なんか「働きたくない」気持ちの時点でどの仕事に転じても同じ結果な気がする。なんの資格もなく努力もしていない私にしたらお金を貰えているだけありがたく、この額面は当然の帰結であると思えるのだ。

私一人だったらこの状況に甘んじ、とりあえず食いっぱぐれないからヨシとしてだらだら人生を消耗していただろう。

しかしあいにく、今私は一人ではないし、今後増えていく可能性もあるのだ。

となるとこの額面では厳しく、また今後の展開も見込めない。

金がいる。

金だよ金。ちくしょう。

金を稼ぐには働かねばならず、労働を継続するには今私に足りない「やりがい」が必要になる。

働きたくないけどせめて やりがいがほしい。

私にとってやりがいとはなんだろうか?

 

「誰かの役に立つこと」はやりがいにならない。私は自己顕示欲が強くて自己愛も強いので不特定多数の人に感謝の言葉もなくなにかを届けるのは嫌で、やるなら明確に誰かの役に立ちたいし、明確に感謝の言葉を貰いたい。

他人の役に立つことをひとつの目標にしたくない。

私にとって達成感のあった出来事はなんだろう?

幼い頃から人よりも発達が遅れていたのだろうか、成功体験に乏しくてパッと出てこないのが悲しいところだが、ふと脳裏に浮かぶのは、なにかつくる、のが好きだということだ。

物であれ、形のないものであれ、つくることが好きだ。それを人に示すとき私の中で興奮の震えが起こる。

自分のやったものが残るということ、形であれ誰かの心の中にであれ、そのときの達成感が私にとって「やりがい」になる。

 

正直、全国に乱立する趣味の悪い高級食パン屋のプロデューサーがめちゃくちゃ羨ましい。

あれって「つくる」し「残す」でしかもなんか好き勝手やってて楽しそうだし自己顕示欲も強い。あのプロデューサーは自らパンを作ることはないらしくその点でも驚いた(ジブリ鈴木敏夫だってアニメを描くわけじゃないからプロデューサーってそんなもんか)。

あれになりたい。

全国に高級食パンの店を乱立させたい。

 

「蟻湧酵母堂」みたいな名前の生食パン屋を開いて街の景観を破壊したい。